前へ
次へ

お悔やみの葬儀マナー

葬儀マナーとして、非常に大切なのがお悔やみの言葉といえるでしょう。
故人の親族は、愛するご家族の死に際し深い悲しみの中にいます。
故人と深い交流があった方は色々な思い出を語りたくなるかもしれませんが、お悔やみの言葉は故人の死を悼む気持ちをこめながら短めに伝える必要があります。
声のトーンは抑えめにして、小さめの声で挨拶をするように心がけましょう。
一般時には、「このたびは誠にご愁傷さまでございます。
心からお悔やみ申し上げます」と伝えるのが適切な葬儀マナーです。
また、お悔やみの言葉は宗教によって死に対する考え方が異なるため変わる場合があります。
例えば、キリスト教では人の死は「悲しい終わり」という考え方はなく「神のもとに召される」という意味があります。
そのため、キリスト教では神に感謝し、故人を偲ぶようなお悔やみの言葉をかけることが葬儀マナーです。
このように、宗教によっても大きく異なるため注意が必要です。

Page Top