前へ
次へ

葬儀マナーをしっかり押さえておきましょう

結婚式とは異なり、葬儀は突然訪れるものです。
そのため準備などできずまま、本番を向かえてしまう人も多いのではないかと思います。
ですので、事前に葬儀マナーをしっかり押さえておくことが大切です。
葬儀マナーは様々ですが、そのひとつに服装があります。
いざお葬式に参列する際、どのような服を着て行けばいいのでしょうか。
お葬式やお通夜の際は、服装についても十分に気を使う必要がありますが、一般的に喪服を選ぶのが普通です。
実際に喪服をイメージする人もいるでしょう。
このように葬儀というと喪服を着て行くのが当たり前の風潮もあるのですが、実は平服でも問題ない場合もあります。
お葬式に来て行く服装を選ぶ際、最も大切なことは、「故人に対して哀悼の意を表す」ことです。
そのため遺族でなければ、本来は平服で参列しても構いません。
本来喪服というのは、遺族と近親者が喪に服することを示すものだからです。
ただ、その場の雰囲気や慣習などもありますので、それらを考慮して決めるようにしてください。

Page Top