前へ
次へ

弔電をかける際の葬儀マナー

訃報の連絡を受けたけれど、どうしても葬儀に参列することができないこともあるかと思います。
そこで、葬儀に参列できないというときは葬儀マナーとして弔電を送りご遺族に対して弔意を伝えます。
電話をする際は、繰り返しや重ね重ねなどの不幸が続くことを連想させる言葉を使用してはいけません。
さらに、「死亡」「死ぬ」など直接的な言葉は忌み言葉と呼ばれており使わないのが葬儀のマナーとなります。
また、宗教によって使ってよい言葉に違いがあり仏事では「冥福」や「成仏」という言葉を使います。
しかし、キリスト教など他の宗教ではこれらの言葉はふさわしい表現とはいえません。
そのため、故人がどの宗教に入っていたのかを事前に確認して適切な言葉を使うことが求められます。
初めてお悔やみの電話を掛けられる方など、適切な文面が浮かばないこともあると思います。
そんな場合は、NTTや郵便局など電報サービス業者の用意している葬儀マナーの文例があるのでそちらを参考にされることをおすすめします。

Page Top