前へ
次へ

法要でも葬儀マナーが必要になる

葬儀マナーと言っても、葬儀のみならず、通夜もあれば告別式、それから法事と続き、葬儀マナーは故人が亡くなった前後でも必要になります。
ちなみに、遺族と会葬者とでは、葬儀マナーも全く別、供養することは同じですが、会葬者は知らぬ存ぜぬにならないように事前に目上の方から情報収集しておくのがベストです。
法要に関しても、葬儀同様に読経や焼香などが行われます。
これは故人の冥福を祈る仏教での行事になりますが、ここ最近、あまり宗教での違いはなくなっている意見も耳にします。
読経や焼香などの儀礼を法要と呼びますが、今はその後に続く会食まで一連して行うようで、法事とひとくくりにするケースもあります。
親族代表者、ここでは喪主から順番で焼香をし、僧侶の法話を聞きます。
墓参りも行うのですが、葬儀マナーとしは、通夜振る舞いがあるように、会食でのもてなし、香典返しとなる引き出物の準備も行わなければなりません。
もちろん、周忌ごとに事を省くようになるケースもあり、香典を辞退したり、香典返しを不要という近親者の声により、遺族のみで執法要をとり行うことを通知するハガキにて内容を知らせるケースもあるようです。

Page Top