前へ
次へ

葬儀マナーとして祝辞は大切

祝辞の葬儀マナーとしてまず挙げられるのが、原稿を読むスピードです。
祝辞の長さはゆっくりと読んで3分くらいで、長くても5分以内・文字数は800~1000文字が目安です。
構成に関しては、導入として故人を悼む言葉から入り、その後故人の人柄や業績など思い出深いエピソードを交えます。
そして、最後にご遺族へのお悔やみの言葉と冥福を祈る言葉で結びます。
また、祝辞にも葬儀マナーとして不幸が重なるイメージを連想させる言葉や「死亡」といった直接的な言葉は使用してはいけません。
最後に書式に関してですが、文章がまとまったら巻紙に薄墨の毛筆でしたためます。
奉書紙に包むのが正式な作法とされていますが、社葬のような形式的な葬儀でない場合は便箋にペンで記して白い封筒に入れる形でも大丈夫です。
祝辞を読み終えたら祭壇に備え、後日遺族に手渡されます。
このように、祝辞は葬儀マナーとして重要な役割を果たします。
マナーをしっかりと理解して、失礼のないように心がけましょう。

Page Top